6月7日(金) 「歯みがき集会」 石井先生の講話

画像1 画像1 画像2 画像2
◆毎年恒例の校医の石井先生による「歯みがき指導」を全校で行いました。「歯みがき」の正しい仕方を中心に、詳しくお話しして下さいました。虫歯の予防は、毎日の歯みがきがやっぱり一番です。永久歯に生え替わる上学年の子ども達は特に大事ですよ。一生自分の歯にお世話になるわけですからね。石井先生からは、ブラシの「こんにちは持ち」と「さようなら持ち」、「縦持ち」、それぞれ磨く場所で使い分けます。低学年は噛む歯を中心に、34年生は、歯の横も、56年生は、歯茎も。特に4年生以上は前歯の下の歯の裏側を縦持ちでかき出すように磨くことも必要だと。「歯石」がたまらないようにするためです。「使ったら磨く」ことを忘れずお口磨きをしっかりと行いましょう。異常が見られたらすぐに歯医者さんに行くことも大事ですよ。
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

学校より

学校だより