玉村町立芝根小学校

学校長挨拶

玉村町立芝根小学校のホ−ムペ−ジにようこそ!
 
 芝根小学校は、群馬県の南部に位置する玉村町の東に位置し、例幣使街道(旧354号線)をまたぐように学校区があります。本校は、明治6年五料小学校として創立し、昭和30年に芝根小学校と現在の名称となり現在に至る140年以上の伝統をもつ学校です。当初は旧354号線沿いに校舎がありましたが、平成2年に移転し現在の場所に校舎が建てられました。
 周辺に歴史遺産が多く点在する地域で、小泉古墳群(現校舎は小泉大塚越3号古墳の上に建てられています)の他にも、軍配山古墳、例幣使街道、五料関所跡等があります。学校教育目標に「かしこい子 ゆたかな子 たくましい子」を掲げ、知・徳・体のバランスのとれた児童の育成に向け、日々の教育活動に取り組んでおります。
 平成30年度、児童数304名(4月9日現在)でスタートしました。本校児童は、明るく、素直で、気持ちの良い子どもたちです。豊かな環境と地域に支援の支えられ、教職員一同、子どもたちののびる力を引き出し、より良い成長ができるよう一生懸命取り組んで参ります。どうぞよろしくお願いいたします。  校長 井田 信夫